障害等級

これは先程も少しだけ触れましたが、交通事故後の後遺症の障害等級といったものは、現在の法制度下においては、1級から14級までのそれぞれの段階が設定をされているような状態です。

そして、それらの各級の内容によってはさらに、1号から9号、あるいは12号等々、といったような感じで、その級内においてのニーズのあり方による明記がなされたりしていますので、幾ら自身においての等級のあり方を証明出来たとしても、それからその級内においてのニーズやパターンなどが、いかなる特徴であるものであるかにより決まってくるようなあり方ですので、この点をようく留意をしておかなければなりません。

また、級自体は14級が一番低い設定であり、1級が一番高く、この間で後遺症の障害等級が専門医の先生の判断などによる判定をされるというような感じになっています。そして今話した等級のあり方は、後遺症に罹っている方の体全般においての総合的な判定においての評価基準といえるものです。しかしさらに、障害等級のあり方自体は体の各部位毎においても異なり、その級毎においての内容などもさらにそれぞれ異なりますので、そうしたそれらの細かい現状の判定のあり方についても、しっかりと把握をしておく必要性があります。