保険会社へ申請

自動車保険などに加入をしていた場合、当然先程の記事でも話した障害等級毎においての判定を、加入をしている保険会社に申請時においてしてもらうといった形になります。もちろん、加入をしていた保険商品においてのプラン内容に基付いた基準で補償分の金額を計算していくというような流れになりますので、その裁定のやり方なども、本当に厳格なあり方があります。

実際にその後遺症になったという加入者本人が詐欺目的で保険会社への補償申請をしていないか、不当な金額申請などをしたりはしていないかどうか、等々、様々な角度から、補償金額に関しての検討をしていくあり方になっています。そのため、補償に関しての支払い検討の審査は、ある程度商品の約款に書かれている期間の長さにおいて掛かるような場合が一般的ですので、その点は加入をしている保険会社や商品などにもよります。

そうしてしばらくの間の審査期間を経て、指定された日に、加入者本人が指定をしていた銀行や組合などの口座へ補償金が振り込まれるという、結果になります。ここまででもある程度の日数がどうしても掛かるといった現状があり、迅速な保険金支払いといったものは現実的には不可といえますので、この点をあらかじめ留意をしておく必要性があるといえます。